カードマジック

カルでマジックの幅が広がる!超基本のボトムコントロールを解説 2020年12月

2020年10月23日

カル マジック

カルはカードマジックをする時に、ぜひとも習得しておきたいコントロール技法の一種です。

好きなカードをボトムの位置に移せるので、「カードを見ずに観客が手に取った絵柄を当てる」という定番ながらも盛り上がりやすいマジックに活用することができます。

カルの基本的なやり方やマジックでの取り入れ方を学んで、カードマジックのスキルをワンランクアップさせましょう。

MD編集部
この記事では、カルのやり方やコツ、カルを使用している動画について解説します。

 

気になる部分をすぐチェック

この記事のもくじは下記の画像をタップして!
カル マジック やり方
カル マジック 種類

マジックテクニックのカルとは

カルとは、19世紀中頃に活躍していたマジシャン、ホフジンサーが考案したコントロールテクニックです。

その後、エドワード・マルローやフランク・サイモンなど著名なマジシャンが多数の改案を発表し、今ではカードマジックに欠かせない技法の一つとなっています。

ちなみに、フランク・サイモンが発表した方法は現代では「コンビンシング・コントロール」として広まっています。

マジックのテクニックは、一つの原案からたくさんの派生が生まれ、改案したマジシャン独自の技が組み込まれていく点も魅力の一つなのです。

 

あわせて読まれています

関連記事
バックルカウント マジック
バックルカウントのやり方を解説!初心者が知っておくべきコツとは?

「バックルカウント」とは、少ない枚数のカードで行うパケットトリックで使用されるカウントテクニックの一つです。 カウントの技法にはたくさんの種類がありますが、バックルカウントは実際の枚数よりも少ない枚数 ...

続きを見る

 

ボトムコントロールの一種

カルは目当てのカードをスプレッドの過程で、デックのボトムカードにするという技法です。

これに似たカードマジックの技法に、ボトムコントロールと呼ばれるものがあります。

これはカードの束を広げたり閉じたりしている間に、任意のカードを束の一番下に持ってきてボトムカードにできる技です。

カルはこのボトムコントロールの一種と言われています。

しかし、ただ一つ異なるのは、カルの場合は応用すればボトムだけではなく好きな位置にカードを移せるという点です。

カルはさまざまなトリックに使われているので覚えておけばカードマジックの幅がグッと広がるでしょう。

 

「スプレッド・カル」が中心

カルは使い方によっていろいろな名前があり、マジック業界ではスプレッド・カルという呼び方が中心になっています。

1995年にロベルト・ジョビーが書いた「カード・カレッジ Vol.1」でスプレッド・カルという技名が紹介されてから、スプレットの下でカードを引き出す技法をスプレッド・カルと呼ぶことが主流になっていきました。

一方で、ギャンブルで披露されるカードテクニックのカルは、スプレッド・カルではない別のカルを指しているケースがあります。

今でもカルにはスプレッド・カル以外にも、コスチャ・キムラットの考案したロードランナー・カルなど複数の種類技がありますが、解説などで「カル」と言われた場合にはスプレッド・カルであることが多いでしょう。

 

カルのやり方

カル マジック やり方

カルのやり方にはいくつかの種類があります。

動画では複数のカルが開設されていますが、最もオーソドックスなやり方を覚えておけばマジックに活用できるでしょう。

ここでは、観客にカードを1枚選ばせてからデックの一番下に渡すやり方を順に説明します。

動画の解説も参考にして、どこでどんな動きをしているのかじっくり分析しましょう。

 

あわせて読まれています

関連記事
ハーマンカウント
ハーマンカウントのコツとは?やり方から派生マジックまで紹介!

マジックで使われるカード用語に「ハーマンカウント」というものがあります。 ハーマンカウントはマジック用語集や、カードマジック辞典にも載っている歴史あるテクニックです。 このカウント方法を習得していれば ...

続きを見る

 

  • カードを右手側に軽く広げる
  1. まず、デックの裏面を上にして左手に持ちます。
  2. 親指で裏面、他の指で数字や絵柄が書かれた表面を持ってください。
  3. この状態から右手方向に親指を使ってカードを流し、広げていきます。
  4. 観客には好きなタイミングで1枚選ぶように伝えておきましょう。
  5. 観客がカードを選んだら、自分は見ないようにそのカードの絵柄を観客に確認させて元の位置に挿し戻します。

 

  • 移動させるカードを右手の指で引く
  1. 挿し戻したカードが、左手のトップカードの位置にある状態にします。
  2. 右手のデックを重ねながらトップカードだけを右手の指で引っぱっておきましょう。

ポイント

カードを挿し戻した時にスプレッドの下で突き出したままにしておくと、上手く右手の指でキャッチできます。

 

  • 抜いたカードを左手の指で受ける

右手で目当てのカードを引き寄せたら、広げたデックを戻す動作をしながら左手の指で目当てのカードを受け取りましょう。

ポイント

開いたスプレッドを束ね直すようなイメージで右側の束を上に、左側の束を下に集めましょう。

 

  • カードをボトムに入れて閉じる

左の指で受けたカードをボトムに渡してデックを揃えれば、観客が持ったカードがボトムカードになっている状態が完成します。

この他に、

  • 目当てのカードを右手に渡してからボトムに入れる方法
  • 上に突き出させたまま入れる方法

などもありますが、まずはやりやすいこのカルを習得してから応用テクニックを磨きましょう。

 

カルをマジックで使う時のコツ

選んだカードをボトムカードに出来る便利なカルですが、観客に違和感を持たれずに成功させるにはいくつかのポイントがあります。

カルをマジックで使う時の大事なコツは、

  • 「両手の間を離すこと」
  • 「スクリーン役のカードでカルをしていることを隠す」

ということです。

それぞれどう気をつけたらいいのか見ていきましょう。

 

両手の間を離す

カルが上手くできない時は、左右の手をしっかり放してスプレッドを広げるようにしましょう。

両手の間を近づけるとカル自体はしやすいのですが、目当てのカードが見つけにくくなり動作がもたついてしまいます。

右手の指の付け根より掌に近いところでスプレッドを保持し、なるべく両手を広げながらカルしやすい自分の距離感を見つけてください。

 

スクリーン役のカードで隠す

カルを行う時には、ボトムに持っていきたいカードの上に重ねるカードをスクリーン役に活用しましょう。

カルしたいカードがトップにある状態だと、下側で引き抜いている動きが見えやすくなってしまいます。

そこで、上のカードカルしたいカードが隠れるくらいまで重ねることで目隠しの役目をしてもらうのです。

カードはぴったり重ねるのではなく上のカードがやや飛び出すくらいまで重ねてしまいましょう。

そうすれば裏が見えない状態で、目当てのカードを右手に渡すことができます。

 

カルを使ったマジック

カル マジック 種類

カルはたくさんのマジックに活用されている便利なテクニックです。

実際にマジックで使用されている様子を見ると、

  • どんな手つきで行えばいいのか
  • 動きのタイミングはどうしたらいいのか

などが掴みやすくなりますよ。

ある程度練習を重ねたらカルを使っているマジックの動画を見て、イメージトレーニングしてみましょう。

カルを使ったマジックについて、実演と解説がセットになった分かりやすい動画を2本紹介します。

 

あわせて読まれています

関連記事
マジックに最適!実は混ざっていない【ザローシャッフル】のコツとは

カードマジックで活用できるシャッフル方法「ザローシャッフル」は、マジックをする人なら習得しておいて損はないテクニックの1つです。 シャッフルしているのに実は混ざっていないイカサマシャッフルは、練習を積 ...

続きを見る

 

ふしぎなカード当て

ふしぎなカード当て」というマジックは、観客が選んだカードをノーヒントで当てるというものです。

どんなマジック?

  1. スプレッドされたカードの中から1枚のカードを選んでもらいます。
  2. そのカードを見ないようにして観客(動画でいう視聴者側)に見せ、カードの束に戻します。
  3. その後、「ノーヒントで当てる」と言う配信者は、抜き出したカードの絵柄を当ててしまうのです。

スピーディーな手品でありながらインパクトが大きく、宴会芸などで盛り上がりそうな作品でした。

このトリックでは、観客がカードを抜き取り、カードの束を一つに戻す時にカルが使われています。

動画では実演の後に解説も行われているので、カルのタイミングをチェックしてもう一度実演を見れば、「ここでカルしてるな」と気づきやすくなりますよ。

 

カルを使ったサンドイッチカード

サンドイッチカード」はカルを使うマジックの中でも、カルのタイミングに注目されにくいマジックです。

どんなマジック?

  1. スプレッドされていくカードの中から、観客に1枚のカードを選んでもらいます。
  2. そのカードを確認してもらった後、カードの束をまとめシャッフルします。
  3. そして再びスプレッドしながら観客の好きなタイミングでカードを止めて、2枚のカードを表に返します。
  4. カードを表にしたまま束に戻し、最後にテーブルの上にリボン・スプレッドしてカードを広げると、表向きのカードの間に裏向きのカードが1枚挟まっているのです。
  5. それを裏返すと、なんと選んだカードが現れました。

このトリックでは選んだカードを返してもらって、シャッフルした後にカルが使われています。

実演後の解説を見て初めて分かるくらいのスムーズな流れで、「注目していない場所でタネを仕込む」ことの重要さが分かる動画でした。

 

マジックテクニック習得なら「MMJ」

カードマジックのトリックを仕込む時の、欠かせないテクニックであるカルはマスターすれば、ちょっとした宴会芸やかくし芸にも使うことができますよ。

せっかくカルを練習するなら、本番で失敗しないように確実にマスターしたいですよね。

けれど、プロマジシャンのパーソナルレッスンを受けるのはハードルが高いという人もいるでしょう。

そんな人におすすめの配信サービスが「Magic Movie Japan(MMJ)」です。

MMJでは、プロのマジシャンがマジック作品やマジックに使えるテクニックを動画で配信し、丁寧な解説を行っています。

プロのスキルをたっぷりとレクチャーしてもらえれば、スマートにカルを使いこなせるようになるでしょう。

 

Magic Movie Japan 公式サイト

 

プロのカルを間近で観るならマジシャン派遣「MAGIC DOOR」

プロマジシャンのカルは間近で見ても、いつ行われたのか分からないくらい洗練されています。

そんなプロマジシャンの熟練スキルを堪能したい人は、マジシャン派遣サービスの「MAGICDOOR」に依頼してみましょう。

予算やマジックの種類、ショーの時間など自分の希望をスタッフに伝えれば、最適なプランを組んで提供してくれます。

小さな宴会から結婚披露宴などの大規模イベントまでどんな催し物にも対応できるプロマジシャンが多数所属しているので、安心してマジックショープランニングを任せられますよ。

 

プロのマジシャンがあなたの元に

マジシャン派遣の詳細へ

特別な日に気軽に呼べるプロのマジックショー!

 

カルを使ったマジックはたくさんある!カルが習得できたらアレンジも加えてみよう

カードマジックの中には、カルを使ったトリックが複数あります

手品用品などを使わず、トランプのデックがあればできるテクニックなので、まずは練習して手にカルの動きを慣らしていきましょう。

カルのテクニックが身に付けば今まで以上に幅広いマジックにチャレンジできるようになりますよ。

また、カルにはいろいろなやり方があります。

定番のやり方に慣れてきたら、応用テクニックを参考にしてアレンジを加えてやりやすい方法を追求してみましょう。

 

この記事のまとめ

  • カルはスプレッドしながら好きなカードをボトムに移動させるテクニック
  • マジック業界でカルと言う場合、スプレッド・カルを指すことがほとんどである
  • 左手から右手にカードをスプレッドする際に手と手の間を広く取るとカードをスムーズに移せる
  • カルを始めとしたカードマジックのテクニックを学びたいなら「Magic Movie Japan(MMJ)」を見よう
  • クオリティーの高いカルを間近で見たい人は「MAGICDOOR」に相談しよう

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

はるまち

東京出身のアラサー会社員です。お酒と美食、映画と音楽が趣味です。 おひとり様満喫中ですが、バー勤務で培った視点で楽しい記事を提供できればと思っています。

-カードマジック
-, , , ,

© 2020 MAGICDOOR