雑学

トランプ13の意味や読み方は?Kのモデルになった人物や顔の特徴について紹介! 2022年10月

2022年8月10日

トランプ 21

トランプの「13」はマークの中で一番大きな数字です。

絵札にはそれぞれ年配の男性が描かれていますが、この男性にはそれぞれ決まったモデルがいるのです。

絵柄の微妙な違いもこのモデルのエピソードと関わりがあるので、知っておくとトランプをさらに楽しめるでしょう。

MD編集部
この記事では「13」のカードについて読み方や意味、モデルの人物などを紹介します。

トランプの呼び方は海外と日本で違う?

トランプ」という名前は、日本だけで使われている和製英語です。

英語では「カード」や「プレイングカード」といった名称で親しまれており、原型となるカードは16世紀の南蛮貿易によって日本に輸入されました。

ポルトガルではカードのことを「カルタ」と呼んでいたので、日本でもその名称で呼ばれていましたが、その後欧米流のカードが日本で流行。

この時、海外の人が切り札を意味する「トランプ」という言葉を使っていたことから、名称として使用するようになったといわれています。

あわせて読まれています

関連記事
トランプ 数字 読み方
トランプの数字の読み方は?英語のスペルや基礎用語の意味も紹介!

トランプのマークにはハートやスペードなどの名前がついていますが、実は数字にも正式な名前があるのです。 例えばハートの1は「ハートのエース」と呼ばれます。 普通に数字を読むよりかっこいいですよね。 MD ...

続きを見る

 

トランプはなぜ13(K)まで?

トランプは、1つのマークで1つの季節を表しています

例えばクラブは春を示すマークで、エースが第1週目、2は第2週目を意味しているのです。

1つのカードに対して13週分あり、それが4つ揃うと52週。

トランプのカード枚数と一致しますよね。

さらに、数字をすべて足して最後にジョーカー1枚を合わせると、なんと365という1年を指す数字になるのです。

このように、カード全体に「1年」という意味があるため、それに合った「13」という数字が選ばれているのでしょう。

ちなみに、スペインでは48枚イタリアでは40枚など違う枚数のカードも存在します。

いろいろな種類を集めてみるのも楽しそうですね。

 

トランプ13(K)の読み方と意味

トランプの数字札「13」の読み方はキングです。

その名前の通り、4枚の13には王様の姿が描かれています。

さらにこの絵柄をよく見ると、顔が向いている方向が違うのです。

トランプの絵柄はハートが、ダイヤがお金、クラブが知識、スペードがという意味を持っています。

絵柄の人物はこのマークを見ていたり目を逸らしていたりするのですが、これはその人が嫌いなもの、好きなものを指しているのだとか。

例えばダイヤは王様がマークをしっかり見ているので「お金が大好きな王様」というように捉えられます。

意味を知っているとカードのストーリー性が高まってより楽しめますね

あわせて読まれています

関連記事
切り札 意味
「切り札」の意味や語源を正しく知ってる?トランプの切り札ジョーカーについても説明

トランプなどのカードゲームで、「切り札」という言葉を使う時がありますよね。 ジョーカーなどに使われることが多いですが、あなたは本当の意味や語源を知っていますか? 「強いカードのことじゃないの?」「なん ...

続きを見る

 

トランプ13(K)のモデルと顔の特徴は?

トランプの「13」に描かれている王様は4人

全員向いている方向や顔、描かれているアイテムが微妙に違いますよね。

これは、それぞれにモデルとなった王様がいるからなのです。

ここでは、マークごとにモデルの王様を紹介しそのエピソードやカードとの関連性を紹介します。

あわせて読まれています

関連記事
プラスチックトランプ
トランプおすすめ19選!プラスチック製カードから紙製カードまで一挙紹介

カードマジックに欠かせないトランプは、消耗品的な存在です。 長く使っていれば曲がったり傷ついたりしてくるので、定期的に新しいものを購入する必要があります。 また、何種類か用意してトリックに合わせて使い ...

続きを見る

 

スペードの13「ダビデ王」

スペードの13に描かれている王様のモデルは「ダビデ王」です。

旧約聖書に登場する古代イスラエルの王で、戦士として活躍していた頃には「巨人ゴリアテを一石を投げて倒した」という逸話があるほど勇敢で強い人物といわれています。

ちなみに、ダビデ王の息子には魔術を操っていたといわれる「ソロモン王」がいます。

また、カードの絵柄で唯一右向きで描かれているのですが、これはスペードが「死」を意味するため「死ぬこと」を望んでいないという意識の現れなのでしょう。

 

クラブの13「アレキサンダー大王」

クラブのキングは「アレキサンダー大王」がモデルといわれています。

この人物は紀元前356年から紀元前323年の間、マケドニアの王として君臨していました。

彼は領土周辺の各地を征服し、一大領土を築いた人物としても有名です。

クラブのマークを向いていることから分かる通り、アレキサンダー王はとても賢い人でした。

若い頃は家庭教師のアリストテレスに英才教育を受け、その優れた頭脳で初陣であるカイロネイアの戦いに勝利をもたらしています。

アレキサンダー王はギリシアを統一したのち、さらに世界征服を目指してインドまで侵略した実績もあります。

知略と武力に抜きん出た名王だったのでしょう。

 

ハートの13「カール大帝」

ハートの13は、口髭がない王「カール大帝」がモデルとなっています。

カール大帝は西ローマ帝国が滅亡したあとできた、フランク王国のカロリング朝全盛期に君臨していた王様です。

この人物は積極的に領土を拡大し、最盛期には西ヨーロッパ全土を征服するに至っています

絵柄の口髭がないのは本人に無かったのではなく、当時木版で刷られていたトランプの木彫り職人が誤って口髭部分を削り落としてしまったからなのだとか。

偶然の産物が現代まで継承されていいというのも歴史を感じられます。

 

ダイヤの13「ユリウス・カエサル」

ダイヤの13はユリウス・カエサルがモデルです。

共和制ローマ時代の政治家で、シーザー王という名前が有名ですね。

賽は投げられた」といった名言もあるので、名前は聞いたことはあるという人も多いでしょう。

このカードには斧が描かれているのですが、これは古代ローマにおいて執政官の権威の象徴が斧だったからです。

また、カードの中で唯一真横を向いている理由は「金への執着を表している」の他に「コインに描かれている横顔の肖像画しか残っていなかった」「愛したクレアパトラのいる方を向いている」などさまざまな諸説があります。

 

トランプを使ったマジックを生で見たいなら「MAGICDOOR」

トランプの13には特別な読み方や絵柄の意味、モデルなど飽きない要素がたくさんあります。

そんなカードの魅力を取り入れたマジックショーを開催すれば、イベントや飲み会はもっと盛り上がって参加者の話のタネになるでしょう。

カードの逸話を上手に利用した不思議なマジックを見たいなら「MAGICDOOR」に依頼してプロマジシャンを招いてみましょう。

希望のスタイルや予算を伝えればぴったりなマジシャンやショー構成を提案してくれるので、誰でも簡単に本格的なショーを主催できますよ。

ハイレベルなカードマジックで、イベント参加者に忘れられない思い出をプレゼントしましょう。

プロのマジシャンがあなたの元に

マジシャン派遣の詳細へ

特別な日に気軽に呼べるプロのマジックショー!

 

トランプマジックをしてみたいなら「MMJ」

トランプの絵柄に隠された意味を知ったら、エピソードを人に披露してみたくなりますよね。

それなら、カードマジックを覚えて不思議なトリックと一緒に話せば場がぐっと盛り上がりますよ。

マジックの練習をする時は、動画配信サービス「Magic Movie Japan(MMJ)」がおすすめです。

プロマジシャンがトリックやカードテクニックを丁寧に解説してくれるので、初心者の人でもスムーズに練習できるでしょう。

こっそり手品を習得して、家族や友人を驚かせましょう。

Magic Movie Japan 公式サイト

 

トランプの13(K)にはモデルがいる!意味や読み方を知ってからトランプで遊んでみよう

トランプの13は王様の絵が描かれたトランプで一番大きな数を示すカードです。

描かれたキングにはそれぞれモデルとなった人物がいて、顔の向きやアイテムで絵柄の意味も違います

カードゲームで遊んだりマジックを練習したりする時は、カードが持つ意味を知っておけばより本格的な気持ちで取り組めますよね。

覚えたエピソードを友人や家族に披露して、会話をさらに盛り上げましょう。

 

この記事のまとめ

  • トランプは和製英語で、海外では「カード」や「プレイングカード」と呼ばれている
  • トランプの数字が13までなのは1つのマークで1つの四季を表しているから
  • トランプの13の絵札にはそれぞれモデルとなった人物がいる

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
はるまち

はるまち

東京出身のアラサー会社員です。お酒と美食、映画と音楽が趣味です。 おひとり様満喫中ですが、バー勤務で培った視点で楽しい記事を提供できればと思っています。

-雑学

© 2022 MAGICDOOR