マジシャン

プリンセス天功って何者?引田天功との違いや現在の活動を紹介 2022年8月

2022年7月27日

プリンセス 天功

世界的イリュージョニストとして有名な、プリンセス天功

名前は知っているけれど、何がそんなにすごいの?」「引田天功とは違う人?」など、詳しいことまでは知らない人もいるかもしれません。

この記事では、プリンセス天功が残してきた伝説エピソードや、現在の活動などについて詳しく紹介します。

プリンセス天功とは何者?

プリンセス 天功

出典:https://www.tenko.ne.jp/

 

日本が誇る世界的イリュージョニスト

プリンセス天功とは、日本だけでなく、アメリカやヨーロッパ、アジアなどで年間300ステージをこなす、世界的なイリュージョニストです。

もともとは「朝風まり」という芸名で、デビュー当初は歌いながらマジックを披露する異色のアイドルとして活動していました。

初代引田天功が亡くなったあと、1980年12月15日に二代目引田天功を襲名し、1990年には女性としてはじめて「マジシャン オブ ザ イヤー」を受賞。

プリンセス天功を主人公にしたアメリカのアニメシリーズ「TENKO and the GUARDIANS of THE MAGIC」とキャラクター人形が大ヒットを記録し、海外でも一躍有名になりました。

 

年齢や本名は未公開

プリンセス天功の年齢や本名、身長、生年月日などの個人情報は全て未公開です。

詳しいプロフィールやプライベートの様子は一切明かされず、謎のヴェールに包まれています。

ミステリアスなプリンセス天功ですが、子どもの頃のあだ名は「水玉ちゃん」だったとのこと。

その理由について、本人は「小学生のときに廊下で転んでスカートがめくれたときに、はいていたパンツが水玉だったから」と語っています。

 

プリンセス天功と引田天功の違い

プリンセス 天功

プリンセス天功と引田天功って違う人なの?」と混乱する人がいるかもしれませんが、2人は同一人物です。

二代目引田天功は、別名プリンセス天功として活動しています。

アメリカの会社との契約では「引田天功」と「プリンセステンコー」は、それぞれ別設定のキャラクターになっているとのこと。

「引田天功」は日本人で全く喋らない設定、一方「プリンセステンコー」はアメリカ人という設定で、演じるイリュージョンも全く違います。

日本人と結婚してはいけない」「髪は黒で前髪の長さも規定」「スーパーやコンビニでの買い物はNG」など、設定はとても細かく決められているとのこと。

ちなみに契約では「宇宙も含む」とされ、万が一地球に火星人が来た場合にもイリュージョンを披露することになっているそうですよ。

 

プリンセス天功が伝説のイリュージョニストといわれる理由

国内外で活躍するプリンセス天功は、伝説のイリュージョニストと呼ばれています。

ステージでのパフォーマンスはもちろん、彼女が持つ数々のエピソードは衝撃的なものばかり

あまりのスケールに「信じられない!」と思われるかもしれませんが、そんなところもプリンセス天功の魅力です。

 

年収や時給が規格外

プリンセス天功は、2013年11月に放送されたTBS系バラエティ番組「ジョブチューン」で「最も高かったのは、時給換算で5,000万円」と明かしました。

一般的なステージ以外にも、国王や石油王など、世界のVIPの誕生日パーティーなどでイリュージョンを披露すると、油田やダイヤモンドなどが報酬として貰えたとのこと

さらに、カンボジアではカジノが付いたホテルを経営しているそうです

過去に貰った油田やホテル経営での収益など、収入源がたくさんあることから、規格外の年収であることは間違いないでしょう。

 

世界の重鎮からペットを贈られた経験がある

自宅でホワイトタイガーやサーバルキャット、天然記念物に指定されている世界最大のカニなどを飼っているプリンセス天功。

動物が大好きな彼女は、世界の重鎮からペットをプレゼントされたこともあります。

ロシアのウラジーミル・プーチンからは、宇宙旅行の訓練中に頑張っているご褒美として、ロシアン・イズベニスチャ・ボロンカという軍用犬が贈られたそうです。

他にも中国政府から宮廷犬、北朝鮮の金正日総書記からは天然記念物の豊山犬を貰ったとのこと。

イリュージョンだけでなく、飼っているペットたちも伝説級です。

 

家は世界各国に10個以上

プリンセス天功は東京やラスベガス、ニューヨークなど、世界中に10個以上の家を所有しています

ステージ公演が1ヶ月以上になる国では、それぞれの場所に自宅を持っているそうです。

トラなどの猛獣を放し飼いにしており、「家の自慢は?」という質問に「外国の家がすごく広いこと」と答えているので、とてつもない豪邸であることが想像できますね。

リムジンやロールスロイスなどの高級車も、数十台持っているとのこと。

ちなみに、東京の家は六本木にあるそうですよ。

 

アメリカの会社と生涯契約を結んでいる

プリンセス天功は、アメリカの会社と生涯契約を結んでいるとのこと。

2020年のインタビューでは「プリンセス・テンコーのイメージを決して壊さず、生涯ステージに立ち続ける契約」「弱音を吐くと『生涯契約があるでしょ!』とマネージャーに叱られる」と答えています。

契約では、プリンセス天功の見た目に関することだけでも100項目以上の規程があるそうです。

とても厳しい契約内容ですが、本人は「もう慣れた」とのことでした。

 

イリュージョンはすべて命がけ

1976年に初代引田天功に弟子入りし、二代目を襲名したプリンセス天功

初代の体を張ったイリュージョンを引き継ぎ、過酷なチャレンジに挑戦し続けてきました。

中でも、大脱出は「死んではいけない、でも生きてはいけない。ギリギリの怪我をしてボロボロになってくるぐらいの命がけ」という、師の志を引き継いだそうです。

命がけのステージに立ち続ける理由については「カルマです。継いだからには初代を乗り越えなければ」「男性、引田天功だから女性が負けるわけにはいかない」と語っています。

 

脱出失敗事故から見るプリンセス天功の凄さ

プリンセス 天功

入念な計画とリハーサルをしても、失敗するかもしれない危険なステージをこなし続けてきた、伝説のイリュージョニスト・プリンセス天功

彼女は「水中脱出に失敗して救急車で運ばれる」「鼓膜が破れて張り替える手術を何度も受けた」など、数々の大怪我を乗り越えてきました。

それでは過去の脱出失敗事故から、プリンセス天功がどれほど凄いかを見てみましょう。

 

「刃物串刺し」で16本の刀が刺さる

2007年にプリンセス天功は、箱の両側から刃物で突かれる「刃物串刺し」のイリュージョンに失敗してしまい、身体に16本の刀が刺さるという事故にあいました。

事故の原因は機械の誤作動で、本当に串刺し状態になってしまったプリンセス天功は、頭や足にも刃物が刺さり、全身打撲と肋骨骨折という重症を負います

意識がないままステージが続けられていましたが、前の席にいた観客が血が流れていることに気付き、急遽病院に運ばれたそうです。

 

「遊覧船爆発」で全身の血液を交換

1985年に静岡県・浜名湖で行われた「遊覧船爆発」では、脱出に失敗して全身の血液を交換するという事故にあいます。

大爆発する遊覧船から脱出するというイリュージョンで、リハーサルも入念に行われていました。

しかし本番では、リハーサルと風向きが変わってしまう事態に。

その結果、1本ずつ爆破される予定だったダイナマイトが、一気に全て爆発してしまいます。

自力で脱出することができなくなったプリンセス天功は、救助されたものの、意識がない状態で病院へ搬送

船が炎上した時に大量の煙を吸い込んでしまっていたので、全身の血液を交換することになったそうです。

一命を取り止めたプリンセス天功は「血液交換をしてから性格が変わった」と語っています。

 

プリンセス天功(引田天功)の現在は?

2022年現在も、プリンセス天功はメディアやステージなどで活躍中です。

2013年に吉本興業へ移籍したあとは、海外での活動も継続しながら吉本新喜劇と合体興行なども開催しています。

新型コロナウイルスの影響で2020年から多くの公演が中止になってしまいましたが、2021年3月には約1年ぶりに「プリンセス天功 ザ・イリュージョン2021」を行いました。

また2021年2月には、テレ朝系バラエティ番組「家事ヤロウ!!!」にも出演し、料理姿を披露しています。

感染症の流行が落ち着けば、また世界中のステージで華やかなイリュージョンを魅せてくれることでしょう。

 

プリンセス天功は年齢や本名も非公開!かわいい素顔から想像できない命がけイリュージョンが魅力

日本が誇る世界的イリュージョニスト・プリンセス天功は、年齢や本名などが一切明かされていません。

ミステリアスな存在ですが、動物が大好きで、笑い上戸なところもあり「ステージでは笑わないように気を付けている」というかわいい一面も。

しかしステージでは、先代から引き継いだ命がけのイリュージョンで、世界中の観客を魅了しています。

これからも、世界中の人々を驚かせてくれるでしょう。

 

この記事のまとめ

  • プリンセス天功は、命がけのパフォーマンスが魅力の世界的イリュージョニスト
  • 二代目引田天功とプリンセス天功は同一人物
  • 最高時給は5,000万円で、油田やホテルを所有する大富豪でもある
  • 世界の大物からペットを贈られたことがあり、トラなどの猛獣を飼っている
  • 現在は吉本興業に所属し、アメリカの会社とは生涯契約を結んでいる

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-マジシャン

© 2022 MAGICDOOR