カードマジック

トランプマジック初心者必見!簡単手品のおすすめなやり方&テクニック 2021年2月

2020年6月13日

トランプマジックって観る人を魅了して、何だか憧れますよね。

さりげなくはじめたトランプマジックで周りを驚かせることができれば、その日の人気者になれること間違いなしです。

今回の記事では初心者にもできるおすすめトランプマジックのやり方をお伝えします。

ぜひ密かに練習して、みんなをビックリさせてみてくださいね!

 

トランプマジックをはじめる前の準備

トランプマジックをはじめる前に、まず揃えておきたい準備と基本的なテクニックを紹介します。

 

道具を揃える

トランプマジックをはじめるには、当然ですがトランプが必要ですよね。

トランプであれば何でもいいように思えますが、実はマジック向きのトランプが存在します。

 

通常カードゲームで使うカードはプラスチック製の商品が多いですが、プラスチックのカードは静電気が起きやすくカード同士がくっついてしまうのでマジック向きではありません。

カードマジックでは紙製のトランプを選ぶのがおすすめです。

具体的にはユーエスプレイングカード社のバイスクルタリホーといった、表面に加工が施されたすべりのいいカードがマジックには使いやすく、プロのマジシャンにも人気です。

 

また、カードのサイズにも種類があり、「ポーカーサイズ」という世界標準のサイズがプロマジシャンに多く選ばれています。

また、手の小さい方や女性にはポーカーサイズより一回り小さい「ブリッジサイズ」がおすすめですよ。

 

基本的なテクニックを習得する

トランプマジック用ともいえる王道なトランプを手に入れたら、トランプマジックの基本的なテクニックを習得しておきましょう。

とくにトランプの持ち方や広げ方シャッフルの仕方は、基本的なテクニックとして覚えておく必要があります。

 

トランプの持ち方1つでも、左手でカードを持つときの「ディーリング・ポジション」や右手でカードを持つときの「ビドル・ポジション」があります。

また、シャッフルにおいても、もっとも一般的なカードの切り方といえる「ヒンドゥーシャッフル」や欧米で普及している「オーバーハンドシャッフル」などがあります。

 

これらの基本的なテクニックを習得してからマジックを行うと、よりスムーズに披露することができるでしょう。

 

【初級編】初心者でも簡単なトランプマジックのやり方&種明かし

では、初心者でもできるトランプを使用した簡単マジックを紹介します。

 

エレベーターカードマジック

エレベーターカードマジックとは、2枚のカードが完全にカードの束の中に入ってしまったにもかかわらず、指をパチンと鳴らしたら、カードの束の一番上に上がってくるという手品です。

まるで、カードの束の中に隠しエレベーターがあり、最上階に上がってきたかのような不思議なマジックです。

 

やり方&種明かし

まず、黒いマークのカードを2枚「スペードのキング・クラブのクイーン」を見せます。

このとき「黒のキングとクイーンのカードが2枚あります」と言ってください。

その2枚のカードをカードの束(デック)の中ほどに完全に入れ込みます。

そして、指を鳴らして一番上のカード2枚を見せてください。

そこにはなんと、黒のキングとクイーンのカードがあります!

 

ここで種明かしですが、実は最後に見せた2枚のカードは「クラブのキングとスペードのクイーン」です。

マジックを披露する前段階で、トランプの束の上にセットしておいたものを見せているだけという、至ってシンプルなマジックとなっています。

人の思い込みを活用したマジックになりますので、何度も同じマジックを披露するのはおすすめできません。

 

A(エース)が4枚揃うカードマジック

エースが4枚揃うマジックは、4つに分けたカードの束の1番上がそれぞれエースになるというマジックです。

観客に協力してもらうマジックなので、見ている側の頭の中は謎でいっぱいになりますよ!

 

 

やり方&種明かし

トランプを一組用意して、「好きなところでストップと言ってください」と観客に伝えて、1枚1枚カードをテーブルの上に重ねていきます。

「ストップ」の声が掛かったら、次は重ねていったテーブルに置いてあるトランプを4つに順番に分けていきます。

 

配り終えた後にそれぞれ1番上になっているカードをめくると、エースが4枚揃っています。

 

実はこのマジック、最初にエース4枚をカードの束の1番上に重ねているだけです。

観客が好きなところでストップと言うので、クライマックスの結果に驚きを隠せない人も多いでしょう。

 

選んだトランプが現れるマジック

次のマジックは観客に選んでもらったカードが、カードの束の中で1枚だけ表を向いて現れるマジックです。

 

 

やり方&種明かし

トランプの束を手に持ち、カードをバラバラと上から弾いて、観客に「ストップ」と言ってもらい1枚カードを選んでもらいます。

選んだカードを覚えてもらったら、該当カードをカードの束の真ん中あたりに入れてしまい、どこにあるか分からないようにします。

次に、カードの束に魔法を掛けるように大きく横に振ります。

そして指を鳴らして、カードをテーブルの上に広げると、なんと選んでもらったカードだけが表向きになっているという驚きのフィニッシュです。

 

ここで種明かしですが、最初の準備段階で、カードの束の1番下にあるカードのみ表向きにしておきます。

相手にカードを選んで覚えてもらっている間に、カードの束をひっくり返し、1番上だけが裏を向いている状態にするのです。

そうすれば、選んでもらったカードを真ん中に差し込んでも、他のカードと別の向きになります。

そして、横に大きく振る瞬間に、2枚目以降のトランプをひっくり返すだけです。

 

この手品のトリックもとても簡単ですが、最後にひっくり返すところでミスをするとバレるので、ある程度練習が必要なマジックですね。

 

一瞬で変わるマジック

続いては、一瞬にしてカードが変わってしまうという「カラーチェンジ」のマジックです。

見ている相手をびっくりさせる不思議なトランプマジックとなります。

 

 

やり方&種明かし

トランプを束にして持ちます。

数字の面を観客に向けてしっかりカードを見せてください。

このとき1番上が赤のカードならば次のカードが黒、というように色を変えると驚きが増します。

1番上のカードをなでながら、観客から見えないように2番目のカードを1番上に入れ替えてください。

 

たったこれだけですが、このマジックでもっとも重要なのが手さばきです。

トランプ1枚目をなでながら、手の指の辺りで少しだけ押し上げます。

そして2枚目のカードを手のひらで下にずらすのです。

2枚目のカードが上に出てきたら、そのまま手のひらを使って1枚目のカードに被せます。

 

素早く入れ替えるのが成功の秘訣なので、練習を重ねて華麗に披露できるようにしましょう。

紹介した動画のように2段階で変わる技ができるようになったらかっこいいですよ!

 

【中級編】トランプマジックのやり方&種明かし

初心者でも簡単にできるトランプマジックを覚えたら、次は少しだけ難易度の高いマジックに挑戦してみましょう!

 

ストップカードマジック

ストップカードマジックは観客に選んでもらったカードが、シャッフルしたカードの束の中から、観客の「ストップ」で止まったタイミングで現れるという不思議なマジックです。

 

 

やり方&種明かし

まず、手にカードを広げて1枚を観客に選んで覚えてもらいます。

このカードを元のカードの束に戻して、カードをシャッフルしましょう。

よくシャッフルしたら、「下から1枚ずつカードを配っていくので、好きなところでストップと言ってください」と言います。

下からカードをテーブルの上に出していき、適当なところで「ストップ」の声をかけてもらい該当カードを登場させます。

 

このトランプマジックは、ブレイクというテクニックが成功の鍵です。

まず、相手が選んだカードを戻すときにブレイクを作って、ダブルカットをしながら束の下に相手のカードがくるようにします。

 

次に1番下のカードをキープしながら、ヒンズーシャッフルをします。

ある程度シャッフルをしながら、相手の選んだカードを1番下にキープし、カードを下から順にテーブルに置いていきます。

ここで使うのが「グライド」というテクニックです。

ディーリングポジションに持ち、手を返した状態からはじめます。

ボトムカードを取り出すために、右手を近づけて、左手の薬指と小指でボトムカードを少し下にずらします。

そして下から2番目のカードを抜き取りましょう。

 

あとは観客が「ストップ」というタイミングで、1番下のカードを抜き取るだけです。

種は簡単ですが、テクニック重視のマジックなので、練習はある程度重ねる必要があります。

 

アンビシャスカードマジック

アンビシャスカードマジックは、選んだカードを何度カードの束に入れても、1番上に出てきてしまう、という摩訶不思議なマジックです。

 

 

やり方&種明かし

トランプの束の中から適当に1枚選び、観客に見せます。

そのトランプを束の真ん中くらいに入れるように見せかけつつも、束の1番上の1枚目と2枚目にブレイクを作り、間に入れましょう。

トランプの上にあるカードを2枚同時にめくります。

これで真ん中に入れたはずの選んだカードが1番上に来ているので、びっくりしますよね。

 

さらに、この2枚を裏返して1番上のカードを実際に束の真ん中に入れます。

最初に選んだカードはそのまま1番上に残っている状態です)

もちろん、1番上のトランプを裏返すと選んだトランプが出現するので、2度目のびっくりを与えることができます。

 

1つのマジックで2回も観客を驚かせることができるので、それだけ感動も大きくなります。

ブレイクのテクニックを身につけ、ぜひ練習に励んでみてください。

動画のように「ダブルバックカード」を使うのもおすすめです。

 

トランプマジックを極めよう

一見難しそうに思えるトランプマジックも、種がシンプルなものを選べば、たとえ初心者でも練習次第で成功させることができます。

もっとプロが教える動画を見て練習したいという人は、マジックの動画配信サイト「マジックムービージャパン(MMJ)」がおすすめです。

プロのマジシャンの洗練されたトランプマジックを、丁寧な解説を種明かし付きで見ることができるので、初心者でも分かりやすく学べますよ。

ぜひ、簡単なトランプマジックから練習してテクニックを身につけ、カッコいいトランプマジックを極めていってくださいね。

 

Magic Movie Japan 公式サイト

 

特別なイベントにはマジシャンの派遣サービスがおすすめ

自分でトランプマジックを極めて周りの人に披露するのもいいですが、会社の祝賀会や大切な人の誕生日など、特別なイベントが控えている人は、プロマジシャンの派遣サービスを活用するのがおすすめです。

 

プロマジシャンのテクニックは、一朝一夕で習得できるものではありません。

彼らの手さばきは、多くの人を魅了し感動を与えることができます。

そのため、特別なイベントを予定している人は、プロマジシャンにマジックショーを依頼することを検討してみてはいかがでしょうか?

 

プロマジシャンを派遣するサービス「MAGICDOOR」では、予算に合わせたプランを提案してくれます。

一度気軽に相談してみると、きっと多くの人が満足するイベントにすることができるはずですよ!

 

プロのマジシャンがあなたの元に

マジシャン派遣の詳細へ

特別な日に気軽に呼べるプロのマジックショー!

 

トランプマジックで人気者になろう

トランプマジックに興味があり、やってみたいと思っている人は多いでしょう。

誰もが持っている身近な遊び道具だからこそはじめやすいしですし、トランプマジックが鮮やかに成功したら、カッコいいですよね。

まずは基本的なテクニックを身につけて、華麗に披露できるように練習を積みましょう!

トランプマジックで人気者を目指してみるのもいいかもしれませんよ!

 

この記事のまとめ

  • トランプマジックには、マジック向きの紙製のトランプがおすすめ
  • 基本的なトランプマジックのテクニックを磨いておくことが成功の秘訣
  • 一見難しそうに見えるトランプマジックも、仕掛けはシンプルなものが多い
  • 初心者はマジックの実演動画を見ながら練習しよう
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

マジックドア編集部

マジックに関する情報から雑学、マジシャンやトランプゲームの解説など、マジックに興味がある人のためのコンテンツをお届けします!自らもプロのマジシャンにマジックを習う嵌りぶり。マジックの記事で調べてほしいことがあれば、どんどんお問い合わせください。

-カードマジック
-

© 2021 MAGICDOOR