ゲーム・遊び

トランプ10(テン)のやり方!1人での遊び方や2人以上のときのルールを解説 2022年5月

2022年2月9日

トランプ10

トランプ10はババ抜きによく似たルールのカードゲームです。

ルールはとても簡単で覚えたらすぐに楽しめるので、やり方をチェックして遊んでみましょう。

MD編集部
この記事では、複数人でやる方法や1人用ルール、アレンジルールなどを紹介します。

トランプ 10のやり方【2人以上で遊ぶ】

用意するもの

Aから9までのカード 36枚
ジョーカー 1枚

トランプ10は2人以上であれば何人でも遊べるゲームです。

まずは各マークの1〜9までの数字札とジョーカー、合計37枚のデックを準備しましょう。

プレイヤーの中から親を決めたらデックをよくシャッフルしてゲームの準備は完了です。

とても分かりやすく大人から子供まで楽しめるルールなので、下記を参考に遊んでみてくださいね。

あわせて読まれています

関連記事
クリベッジ
クリベッジのルールを分かりやすく解説!最高に面白い戦略ゲームで遊びつくそう

「クリベッジ」はカードゲームのなかでも特に有名で「面白い」と評判の2人用トランプゲームです。 しかし、やり方が複雑なのでどうやって始めたらいいか分からないという人も多いでしょう。 MD編集部この記事で ...

続きを見る

 

ルール

配られた手札からペアを捨てる

まず親になった人がプレーヤーにカードを配りましょう。

左回りで1枚ずつ全てのカードが無くなるまで配ります。

カードが揃ったら、プレーヤーは手札の中から足して10になるペアを探して場に捨ててください

それぞれの手札から10になるペアがなくなったらゲームスタートです。

 

時計回りにカードを引き合う

ゲームは親から始めます

手札を扇状に広げ、左隣のプレイヤーに1枚引いてもらってください。

引いたプレイヤーは手札の中で10になるペアがあるか確認し、あったら場に捨てます。

カードを引く、ペアを探す、捨てる、という流れを時計回りで繰り返し手札を減らしましょう。

 

ジョーカーが残ったら負け

10になるペアを探して手札が無くなった人からゲームクリアになります。

しかし、ジョーカーは何にも足せないので最後まで余りますよね。

このジョーカーを最後まで持っていた人が負けとなります。

 

トランプ 10のやり方【1人で遊ぶ】

トランプ10

用意するもの

AからKまでの全カード 52枚(ジョーカーは含まない)

トランプ10は1人でも遊べるルールがあります

1人で遊ぶ場合、必要なカードはジョーカーを除いた全52枚です。

複数人で遊ぶルールとは違いかなり運要素が強いのですが、頭の体操にもなるのでぜひチャレンジしてみてください。

あわせて読まれています

関連記事
スリーカードポーカー
スリーカードポーカーのルールは?役の確率から必勝法を大公開!

スリーカードポーカーはカジノゲームとしても有名で、世界中の人がプレイする人気のトランプゲーム。 「ちょっと難しそう…」と思われるかもしれませんが、ルールがシンプルで分かりやすいので初心者の人にもおすす ...

続きを見る

 

ルール

表向きにカードを並べる

デックをよくシャッフルして、表向きにカードを並べてください。

この時、場に並べるのは13枚です。

残りのカードは裏向きに重ねて積み札にしてください。

5枚、5枚、3枚の3列に並べたらゲームを開始しましょう。

 

足して10のカードを取る

表向きになった13枚のカードの中から、足して10になるペアを探して取ります

空いた場所には積み札から新しいカードを取って並べてください。

ただし、10〜Jは同じマーク4枚が揃わなければ取ることができません

 

手詰まりはやり直し

開いてるカードの中で10になるペアや同じマークの10〜Kが無くなったらゲームアウトです。

手詰まりになったらカードを回収して、もう一度シャッフルしてやり直しましょう。

 

【神経衰弱風】トランプ10の遊び方

用意するもの

1から9のカード 36枚

神経衰弱系のトランプ10は計算力だけではなく記憶力も鍛えられるので、大人同士はもちろん子供も一緒に遊ぶときにもぴったりです。

基本は1〜9の数字札を使いますが、もっと難易度を上げたい場合は全てのカードを使用して足して14にするバージョンもあります。

トランプ10に慣れてきたらレベルアップしてみましょう。

あわせて読まれています

関連記事
ソリティア ピラミッド
ソリティアピラミッドのルール&攻略方法!簡単に遊べる無料アプリとPC向けサイトも紹介

ソリティアピラミッドは、1人で遊べるトランプゲームです。 とてもシンプルで分かりやすいルールですが、コツを知らないとなかなかクリアできない奥深いカードゲームでもありますよ。 MD編集部この記事では、ソ ...

続きを見る

 

ルール

全部のカードを伏せて並べる

基本的な準備は神経衰弱と一緒です。

まずはよくシャッフルしたカードを全て裏返しにして並べましょう。

このときカード同士が重なり合わないように注意してください

 

足して10になるペアを探す

順番に2枚のカードをひっくり返して、足すと10になるペアを探します。

開いたカードを覚えながら計算もしなければならないので、普通のトランプ10より少し難しいですね。

最終的に場札が全て無くなったらゲーム終了です。

手札を数えて一番多かった人が勝者となります。

 

トランプ10のやり方は超簡単!楽しく遊んで記憶力&計算力アップ

トランプ10はとても簡単なルールなので、遊び方を知らない人でもすぐに参加して楽しめるでしょう。

足し算が分かる年齢なら子供も一緒に遊べるので、人が集まったときにみんなで遊ぶゲームのレパートリーに加えておきましょう。

また、トランプ10には1人で遊ぶ用のルールもあります

運要素が強いので、難しいことを考えずに楽しく気分転換したいときにぴったりですよ。

 

この記事のまとめ

  • トランプ10は手札から足して10になるセットを探すゲーム
  • 1人で遊ぶときは並べた13枚にカードからペアを探す
  • 神経衰弱風にめくりながらペアを探す遊び方もある

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

はるまち

東京出身のアラサー会社員です。お酒と美食、映画と音楽が趣味です。 おひとり様満喫中ですが、バー勤務で培った視点で楽しい記事を提供できればと思っています。

-ゲーム・遊び

© 2022 MAGICDOOR