雑学

「マジック世界一決定戦キングオブマジック」に出演しているマジシャンは?世界レベルのマジックバトルを紹介 2021年9月

2021年7月14日

キングオブマジック

TBSで放映された「マジック世界一決定戦キングオブマジック」は、一流マジシャンたちがキングの座を賭け、生放送の舞台で競うという前代未聞の特番です。

2014年に放映されたこの番組には、どんなマジシャンが登場したのでしょうか。

MD編集部
この記事では、番組の内容や出演者について紹介していきます。

「マジック世界一決定戦キングオブマジック」とは

マジック世界一決定戦キングオブマジック」とは、2016年4月3日にTBS系列で放映された、2時間半の大型特番です。

世界中から参戦したマジシャンが各々ハイレベルなマジックを披露し、点数を競うという番組構成で、迫力満点な手品ショーは会場やお茶の間を大いに賑わせました。

参加マジシャンは世界各国から集められ、日本からも2名の有名マジシャンが参戦しています。

2時間半という長い時間、一流のマジシャンのショーを次々に楽しめるなんて、マジック好きとしては外せない番組ですね。

あわせて読まれています

関連記事
松尾幻燈斎
松尾幻燈斎の正体はMr.マリック?番組で話題になった超魔術とは?

松尾幻燈斎(まつおげんとうさい)を覚えていますか? 2000年代のはじ頃にテレビによく出ていた超魔術のようなパフォーマーです。   え? Mr.マリックみたい?   そうなんです。 ...

続きを見る

 

世界の一流マジシャンたちの熱いバトル

「マジック世界一決定戦キングオブマジック」には、日本を含めた9か国の一流マジシャンが参加しました。

それぞれが優勝を目指し珠玉のマジックを披露する、驚きと感動の真剣勝負が繰り広げられたのです。

「世界一を決める」という番組コンセプトの通り、披露されたマジックはスタジオゲストと一般審査員に審査されます

そして点数が最も高いマジシャンが番組優勝を果たすのです。

さらに、この番組はタネや仕掛けを施しにくい「生放送」で放送されました。

有名マジシャンのショーをリアルタイムで見れるなんて贅沢ですよね。

 

MCは小泉孝太郎

小泉孝太郎

出典元:https://www.tv-tokyo.co.jp/byouinnonaoshikata/cast/01.html

本名 小泉孝太郎(こいずみこうたろう)
生年月日 1978年7月10日
出身地 神奈川県
血液型 AB型
身長 177㎝

番組のMCを取り仕切ったのは俳優の小泉孝太郎です。

人気バラエティ番組「モニタリング」のレギュラーメンバーとして活躍し、2015年にはドラマ「下町ロケット」で今まで演じたことが無い悪役に抜擢され新境地を開きました。

その他にも数々の番組や作品に出演する小泉孝太郎は、失敗が許されない生放送の「キングオブマジック」でも見事な進行力を見せています。

 

キングオブマジックに出演した世界のマジシャン

世界のマジシャン

世界のマジシャン

  • メイガス・ユートピア
  • ミルコ
  • ヴラッドレン
  • ザビエ・モルティメール
  • ミス カタリン
  • マキシム・ミネルベ
  • シン・リム

「マジック世界一決定戦キングオブマジック」には、世界各国から一流のマジシャンが出演しています。

オランダ・アメリカ・台湾・ウクライナ・アルゼンチン・ハンガリー・フランスと出演マジシャンの出身国は幅広く、披露したマジックも個性的なものばかりです。

例えば、フランス代表のマキシム・ミネルベは「世界一の高速変身」と銘打って、舞台上で次々とドレスを変える早着替えで会場を沸かせました。

アルゼンチン代表のミルコはこの番組に出演するために、タブレットを使用したトリックを新しく考案したのだとか。

その中でも特に軽快なショーを披露した選手が、アメリカ代表のザビエ・モルティメールです。

ラスベガスのステージでマジックショーを行っている彼は、手品とパントマイムを合わせた構成で、広い世代が楽しめる内容のショーを見せていました。

一方、美しさで視聴者やゲストを魅せたのはハンガリー出身のミス カタリンです。

整った容貌の女性マジシャンは、手袋の色が次々に代わっていくオリジナルトリックを披露。

最後には髪と衣装の色を変えるトリックで会場を沸かせていました。

他選手のショーも全て一流のものばかりで、彼等が持つ「キングオブマジック」への熱意が感じられるでしょう。

 

キングオブマジックに出演した日本のマジシャン

「マジック世界一決定戦キングオブマジック」には、日本代表として2名のマジシャンが出演しています

参加したのはコメディ色が強いカードマジックを行うふじいあきらと、映像と手品の融合を表現するイリュージニスト原大樹です。

彼等はどのような経歴のマジシャンで、番組でどんなショーを披露し会場を盛り上げたのでしょうか。

それぞれのプロフィールをチェックしていきましょう。

 

原 大樹

原 大樹

出典元:https://www.hirokihara.com/

本名 原大樹(はらひろき)
生年月日 1990年4月16日
出身地 奈良県
血液型 不明
身長 不明

原大樹は「最寄りのコンビニまで車で1時間かかる」という、奈良県の秘境で生まれたマジシャンです。

幼い頃から独学でマジックを習得し、13歳のころには「笑っていいとも」の「第二のハリーポッターオーディション」に若き天才少年マジシャンとして出演しています。

プロジェクトマッピングなどを使用した美しい映像と手品を融合させたショーが特徴で、和のテイストを多く取り入れています。

「キングオブマジック」では和やかでゆったりとした日本風のショーを披露し、マジックの新しい形を魅せてくれました。

あわせて読まれています

関連記事
原大樹
世界が認めるイリュージョニスト「原大樹」!天才マジシャンの現在とは

2015年にテレビ番組の「嵐にしやがれ クリスマスSP」で、日本の世界的イリュージョニストとして紹介された原大樹(はらひろき)さん。 映像技術とマジックを融合させた最先端のイリュージョンで、スタジオや ...

続きを見る

 

ふじい あきら

 

この投稿をInstagramで見る

 

FUJII Akira(@fujiiakiramagic)がシェアした投稿

本名 藤井明(ふじいあきら)
生年月日 1967年3月4日
出身地 広島県
血液型 A型
身長 不明

ふじいあきらはマセキ芸能社に所属するマジシャンです。

もともとプログラマーとして働いていたのですが、テレビで「Mr.マリックの超魔術ショー」を見たことで衝撃を受け、マジシャンを目指したのだとか。

子供の頃からマジックが好きで、マジシャンになりたいという夢があったからこそ、テレビ番組をみたことで再び情熱が燃え上がったのでしょう。

「キングオブマジック」では、審査員に選ばせたトランプを束の中で移動させるというクロースアップマジックなどを披露し、91点という高得点を獲得しました。

この点数はホレット・ウーと同点だったため特別審査員による再審査が行われ、見事優勝を手にしています

あわせて読まれています

関連記事
ふじいあきら
マジシャン?芸人?トランプマジックで人気の「ふじいあきら」の現在

トランプを口から出すというユニークなマジックでおなじみの「ふじいあきら」さん。 一時期テレビで引っ張りだこだった彼を、ご存知の方も多いのではないでしょうか。 コミカルで笑いに溢れるマジックを披露するこ ...

続きを見る

 

世界のマジックを間近で体験するには

世界のマジックを間近で体験するには

生放送で一流マジシャンのショーをたくさん見れる「マジック世界一決定戦キングオブマジック」は迫力満点なテレビ番組です。

そんな放送で手品の楽しさや不思議さに触れたら、次は実際に自分の目で直接マジックショーを見たくなりますよね。

マジシャンのハイレベルなマジックを独占したいなら、マジシャン派遣サービスの「MAGICDOOR」でショーを手配してみましょう。

このサービスでは、お誕生日会や会社の飲み会など少人数のイベントから、結婚披露宴や大規模な催し物までどんな規模にも合うショーを提案してくれます。

マジシャンの手配やショーの構成など全て任せられるので、自分たちだけのショーが簡単に開催できるでしょう。

プロのマジシャンがあなたの元に

マジシャン派遣の詳細へ

特別な日に気軽に呼べるプロのマジックショー!

 

キングオブマジックはハイレベルなマジックショー!一流マジシャンたちの真剣勝負を堪能しよう

「マジック世界一決定戦キングオブマジック」は、世界各国の凄腕マジシャンが参加したハイレベルなマジックショー番組です。

さまざまなテイストのショーやトリックを楽しめたため、家族で盛り上がったというひともいるのではないでしょうか。

そんなレベルが高い戦いで、優勝という栄光を手に入れた人物が日本人マジシャンのふじいあきらだという点にも注目です。

「マジック世界一決定戦キングオブマジック」は一流のマジックショーを堪能できるだけではなく、日本人マジシャンのスキルを証明する番組でもあるのです。

 

この記事のまとめ

  • 「マジック世界一決定戦キングオブマジック」は2016年に放映された生放送のマジック特番
  • 世界9か国から一流マジシャンが参戦しマジックで競い合った
  • 日本からは「原大樹」と「ふじいあきら」の2名が代表として参戦した
  • ホレットウ―とふじいあきらが同点91点となり再審査でふじいあきらが優勝した

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

はるまち

東京出身のアラサー会社員です。お酒と美食、映画と音楽が趣味です。 おひとり様満喫中ですが、バー勤務で培った視点で楽しい記事を提供できればと思っています。

-雑学

© 2021 MAGICDOOR