マジシャン

結婚式にマジシャン派遣がおすすめな理由は?マンネリの余興を打破しよう! 2021年9月

2020年5月30日

結婚式 マジシャン

「披露宴が盛り上がる余興ってなんだろう?」

「そもそも余興を頼める人がいない」

 

結婚式をあげるカップルが必ずといっていいほど、直面する余興の問題。

そんなときにおすすめしたいのが、プロのマジシャンを呼ぶことです。

 

これなら友達に負担もかけず、披露宴を盛り上げることができますよね。

この記事では、マジックをおすすめする理由や、気になる費用などを紹介します。

 

結婚式・二次会の余興にマジシャンがおすすめな理由

余興といえば、スピーチ・歌・ダンス・ビデオレター・お笑いなどいろいろありますが、マジックを披露できる人はなかなかいません。

プロのマジシャンによる本格マジックは、見ている人の好奇心や興味を掻き立てるので、結婚披露宴などのパーティーにおすすめの演出です。

また、このような出張マジックには、他にもおすすめな理由が存在します。

早速、その理由について見ていきましょう。

 

余興の出し物を友人に依頼しにくい

余興を頼める友人がいても、みんな仕事や育児などで忙しいため、なるべく負担はかけたくないですよね。

また、余興を引き受けた友達は、結婚式当日もバタバタと準備に追われるので、披露宴を楽しんでもらうことが難しくなりがちです。

せっかく式に参加してもらっているのだから、ゆっくり過ごして楽しんでもらいたいのが本音でもあります。

そんなときこそ、マジック派遣でプロのマジシャンに来てもらえば、誰にも負担をかけることなくウェディングパーティーを開催することができます。

 

やることがマンネリ化している

一般的な余興には、ビデオメッセージやダンス、歌、演奏などがあります。

何度も結婚式に参加していると「〇〇さんの披露宴のときもダンスだったような...」などと、デジャブを感じることってありますよね。

見ていて楽しくないというわけではありませんが、「ちょっと飽きてしまった…」なんて内心思われてしまう可能性があります。

また、友人が余興をしてくれる場合、仲間内で盛り上がることが多く、参加者全員が楽しむことは難しいというデメリットもあります。

そんなマンネリ化を避けるためにも、余興マジックという非日常的なことを参加者に体験してもらうことがおすすめです。

披露宴で「プロのマジックを見たことがある」という方は少ないはずなので、楽しんでもらえること間違いありません。

 

記憶に残る披露宴となる

結婚式は一生に一度きりのとても貴重なイベントです。

もちろん参列者にとっても「あなたの結婚式」は一度きり。

だからこそ、みんなの記憶に残る披露宴にしたいと思いませんか

装飾や食事内容を豪華にすることも大事ですが、マジックを使った余興は、参列者をたちまち魅惑の世界に惹き込み記憶に残る演出を実現します。

多くの人に「あの披露宴は楽しかったね!」と言ってもらうためにも、余興を工夫することは大事です。

プロのマジシャンに依頼すれば、他とは違ったパフォーマンスで記憶に残りやすい披露宴になるでしょう。

 

結婚式にマジシャンを派遣するメリットは?

マジシャンを結婚式に呼ぶメリットを、具体的に説明していきます。

 

司会もお願いすることができる

プロのマジシャンの中には、司会もこなせる人がいます。

人前に立つことに慣れているマジシャンだからこそ、安心して司会進行も任せられますよね。

コメディマジックなど、お笑い要素を含んだマジックを披露してくれるマジシャンもいるので、式のイメージに合った人を抜擢するのがおすすめです。

もし、司会進行役の人が突然マジックを披露してくれたら、すごくサプライズ感が出ると思いませんか?

また、司会者と余興者が同じであれば、打ち合わせもスムーズに行えるといったメリットもあります。

 

年齢を問わず楽しむことができる

マジックは身近な人がマジシャンでない限り、マジックバーなどに行かなければ目の前で見ることができません。

非日常的なものだからこそ、男性・女性・子供からお年寄りまで誰でもつい見入ってしまうのです。

結婚式には老若男女問わず多くの人が参加しますが、どんな人でもマジックのタネや仕掛けが気になり目が離せなくなるものです。

また、マジシャンは場を盛り上げるプロでもあるので、参加者に楽しんでもらうのに最適な存在です。

 

会場全体に一体感が生まれる

今からどんなことが繰り広げられるのか、想像もつかないマジックショーは、はじまる前から参加者やお客様をわくわくさせます。

とくにステージ上で行うマジックは、全員の注目を一気に集めることができるため、会場に一体感が生まれます。

「すごいですね」「どうなってるんだろう?」など、出席者同士の会話も自然と生まれることで、みんなの距離感が縮まり、さらに一体感は高まるでしょう。

参加者同士で驚きや感動の共有ができると、印象的な結婚式になりますよ。

 

派遣マジシャンの料金は?

実際にマジシャンを結婚式に呼ぼうと考えたとき、気になるのが費用ですよね。

出張マジックプランは、依頼先によってさまざまありますので、予算に合ったマジシャンを見つけることが大切です。

 

イベント会社を利用する場合

手っ取り早くマジシャンを見つけたいのであれば、イベント会社を利用しましょう。

イベント会社であれば、ステージ上で行われる大がかりなイリュージョンマジックなども頼めるといったメリットがあります。

 

ブライダルショーとなれば、観客数が多くなるので必然的に価格も高くなります。

また、マジックショーの規模でも価格が異なるので、相場をチェックしてみましょう。

 

 

【テーブルマジック】
対象人数 10〜30人程度
予算相場 5万円〜10万円
時間 20〜30分程度

 

 

【サロンマジック・ステージマジック】
対象人数 50人〜300人程度
予算相場 10万円〜20万円
時間 30分程度

 

マジシャン派遣サイト「MAGICDOOR」では、さまざまなシーンや予算に合わせた素敵なオーダーメイドマジックを提案しています。

特別なサプライズを演出して喜ぶ顔が見たい!とお考えの方は、ぜひ気軽に無料相談してみてください。

 

プロのマジシャンがあなたの元に

マジシャン派遣の詳細へ

特別な日に気軽に呼べるプロのマジックショー!

 

フリーのマジシャンを利用する場合

フリーマジシャンに依頼する場合は、価格の交渉がしやすいのがメリットです。

芸歴の長さやオリジナリティを考慮したうえで料金を提示してきます。

もちろんテーブルマジックかステージマジックかでも料金は変わりますが、相場としては5~10万程度です。

ただし、フリーでもメディア出演している有名マジシャンや、マジックコンテストや世界大会入賞経験のあるマジシャンは上記の相場よりも高くなります

高額な場合は30万円以上することも…。

 

マジックが趣味の知人に依頼する場合

テクニックやパフォーマンスのバリエーションを求めないのであれば、マジックができる知人に頼むのもひとつの手段です。

その場合は、無料~2万円(別途交通費)が相場といわれています。

 

自分がマジックを覚えて披露するのもアリ!

「友達に余興を頼むのはちょっと…」「プロマジシャンを派遣したいけど予算的に厳しい」という方は、自分でマジックを披露してみるのもひとつです。

新郎新婦でマジックを披露するなんて珍しいことですし、派手なイベントマジックでなくても、みんなが喜んでくれやすいため、おもてなしにはバッチリです。

大がかりなステージマジックは、小道具の準備や練習などが大変ですが、カードマジックやコインマジック、コップを使ったマジックであれば簡単にできます。

とはいえ「式までにマジックスクールに通う時間はない」という人は、マジックの動画を見て勉強するのが一番早いでしょう。

 

プロのマジシャンが動画で解説してくれるマジック動画情報サイト「Magic Movie Japan」で練習するのがおすすめです!

こちらのサイトでは本格的なマジックを難易度別に学べます。

まずは簡単なものからはじめてみて、徐々にステップアップしてみんなを驚かせましょう!

 

Magic Movie Japan 公式サイト

 

華麗なマジックで結婚式の参加者全員笑に笑顔と驚きを!

結婚式の主役は新郎新婦ですが、ゲストを楽しませることが一番大切といっても過言ではありません。

みんな忙しい中、自分たちをお祝いしに来てくれているのだから、おもてなしは重要ですよね。

結婚式の中でも余興は、唯一ゲスト全員が参加して楽しめる時間でもあります。

非日常的な空間を演出できるマジックだからこそ、会場全体を盛り上げることができます。

マジックショーを披露して、参加者みんなにとって忘れられない結婚式にしましょう!

この記事のまとめ

  • 余興はプロに依頼するのがおすすめ
  • マジックショーは会場の一体感を生む
  • マジックショーは誰でも楽しめる
  • 費用が気になる場合は自分でマジックを披露するのもアリ

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

マジックドア編集部

マジックに関する情報から雑学、マジシャンやトランプゲームの解説など、マジックに興味がある人のためのコンテンツをお届けします!自らもプロのマジシャンにマジックを習う嵌りぶり。マジックの記事で調べてほしいことがあれば、どんどんお問い合わせください。

-マジシャン

© 2021 MAGICDOOR