マジシャン派遣

老人ホーム(特別養護老人ホーム)でのおすすめレクリエーションは?注意点やマジシャン派遣について紹介! 2024年3月

2023年6月7日

老人 ホーム レクリエーション

老人ホームには、さまざまな介護レベルの高齢者がいます。

彼らが楽しく過ごすために活用されるレクリエーションにはいろいろな種類がありますが、何を取り入れたらいいか悩んでしまうこともあるでしょう。

MD編集部
この記事では、老人ホーム(特別養護老人ホーム)で行うのにおすすめなレクリエーションや、高齢者が喜ぶマジックショーイベントについて紹介します。

老人ホームのレクリエーションの目的は?

老人ホームでのレクリエーションには、身体機能や認知機能の維持や向上、気分転換や他利用者との交流といった目的があります。

これらは高齢者が日常生活を送る上で必要不可欠な要素で、積極的にレクリエーションを取り入れることでより自立した生活を促進できるのです。

これらの活動には種類がいくつかあり、目的によって取り入れるメニューが異なります。

例えば、認知機能の維持や向上にはクイズや脳トレドリルなどが活用されます。

その他にも、運動機能の維持向上のために簡単な運動を行ったり、料理や工作、歌などで創作意欲や気分転換を促すことも可能です。

さまざまな活動を取り入れて、高齢者が楽しい気分で過ごせる時間を作りましょう。

あわせて読まれています

関連記事
忘年会出し物
忘年会や新年会にはどんな出し物や余興がおすすめ?盛り上がるマジックやゲームなどを紹介!

1年の疲れを癒やす忘年会や新年を祝う新年会では、場の空気を盛り上げる出し物が必須です。 参加者の年齢を問わずみんなで楽しみたいならマジックショーがおすすめ。 不思議な手品で驚きと興奮を提供すれば、思い ...

続きを見る

 

老人ホームのおすすめレクリエーション

老人 ホーム レクリエーション

老人ホームで行われるレクリエーションはその目的によって色々な種類があります。

参加者に対してどんな効果を促したいのか、高齢者が求める刺激や遊びは何なのかを見極めて取り入れるメニューを決めていきましょう。

ここでは、特におすすめの演目をジャンル別に紹介します。

 

体を動かすレクリエーション

  • ラジオ体操
  • グーパー運動
  • 旗揚げ運動
  • ペットボトルボーリング
  • 風船を使ったゲーム

体を動かすレクリエーションは、身体機能を維持し健康的な体を作るために必要不可欠です。

また、運動系のゲームは身体機能だけでなく利用者同士の交流を促しコミュニケーションを高めることにも繋がります。

運動系のレクリエーションを取り入れる場合は、高齢者の体力や筋力、介護レベルに合わせてメニューを変えましょう。

 

脳を動かすレクリエーション

  • 簡単な計算問題
  • 高齢者向けクイズ
  • パズル
  • 伝言ゲーム
  • 連想ゲーム

脳は人の言動や思考を司るとても重要な臓器です。

脳を積極的に使用して活性化させるレクリエーションは高齢者の記憶力衰退や認知症予防にも適しています。

勉強というよりは楽しい遊びという気分で参加できるため、多くの高齢者が楽しめるでしょう。

これらのレクリエーションは日によってメニューを変えると、脳の色々な部分が活性化されより効果的なトレーニングになりますよ。

 

手先を動かすレクリエーション

  • 俳句
  • 書道
  • 絵画
  • 料理
  • 家庭菜園

手先を動かすレクリエーションは高齢者が新しい趣味を見つけるきっかけになったり、指先の運動で脳を活性化させたりと、とても役立つ活動です。

手先を動かす活動は、物を作ったり育てたりする結果が生まれやすいという側面もあります。

自分の手で何かを作り出すという成果は、高齢者にやりがいや楽しさを与えてくれるでしょう。

 

音楽を使ったレクリエーション

  • 楽器演奏
  • カラオケ
  • ライブ鑑賞会
  • 音楽映像鑑賞会

老人ホームでのレクリエーションでは、高齢者をリラックスさせ楽しい気持ちになってもらうことも大切です。

そんなときには、音楽を取り入れたレクリエーションがおすすめ。

音楽レクリエーションは自分たちで奏でる方法や、人が演奏しているのを聞く方法も癒やし効果が高く、精神安定効果もあるのでぜひ取り入れてみてください。

 

回想法レクリエーション

回想法レクリエーションは、1960年代にアメリカの精神科医によって提唱された心理療法が元になっています。

簡単に説明すると、昔の映像や音楽、写真などを高齢者に見せて思い出話をしてもらうというもの。

過去を思い出して言葉を話すことで精神が安定したり、脳を活性化させることができるとされています。

また、不安感や孤独感などの和らぎ、人生に対する自信の復活なども効果の一つに挙げられています。

 

老人ホームでレクリエーションを行う際の注意点

老人ホームでレクリエーションを行うときは、ただ遊びや催し物、運動に参加させるだけではいけません。

参加する相手が高齢者であることをよく理解し、彼らの心や身体に寄り添うことが重要なのです。

レクリエーションを行う際の注意点を押さえて、楽しく安全な時間を過ごしましょう。

あわせて読まれています

関連記事
クリスマス マジック
クリスマス会で子どもが喜ぶ簡単マジック!イベントにおすすめのマジシャン派遣についても紹介

クリスマスは、子どもたちにとって特別なイベントです。 「思い出に残るイベントにしたい」「パーティーを盛り上げたい」という時には、マジックを披露してみてはいかがでしょうか? MD編集部この記事では、クリ ...

続きを見る

 

参加を強制しない

老人ホームでレクリエーションを行う際には、利用者への参加を強制しないように注意してください。

利用者の中にはレクリエーションで行う遊びや運動を「恥ずかしい」と感じたり、「子供扱いされている」と不快に思う方もいます。

こういった感情を無視して無理やり参加させると、プライドを傷つけてしまったり参加者の人としての自信を喪失させてしまったりする恐れがあります

個人を尊重し、それぞれの意見に耳を傾けながら誘うようにしてみましょう。

 

言葉遣いに気を付ける

レクリエーションを行うときには、高齢者へ敬意を持ち言葉遣いなどにも十分な注意を払ってください

利用者の中には病気などでうまく動かせない方もいます。

たとえ軽い気持ちでかけた言葉でも、その人の自尊心を傷つけ、心を閉ざしてしまう可能性があるのです。

相手の気持ちを思いやり、尊重するような話し方を意識すれば双方が心地よくレクリエーションに参加できますよ。

 

要介護者の安全と体調に気を付ける

高齢者が参加する老人ホームのレクリエーションでは、安全確認や体調管理がとても重要です。

特に、特別養護老人ホームの入居者は要介護度が高い方が多くいます。

身体能力だけでなく、判断能力や思考力も衰えている場合があるため、自身の体調変化にも気付きにくくなっています

レクリエーションを行う際は、常に参加者の様子を観察し、異変が起きたらすぐに対応できるようにスタッフ同士の連携を意識してください。

 

老人ホームのレクリエーションににおすすめのマジシャン派遣!

老人 ホーム レクリエーション

楽しい体験や驚き、不思議なものへの興味は脳をよく働かせてくれます。

老人ホームにパフォーマーを招いて催し物を行えば、高齢者の方々に脳を活性化させながら楽しい時間を過ごしてもらえるでしょう。

そんな催し物でおすすめなのがマジックショーです。

手品は視覚的に分かりやすく、誰でも楽しめるパフォーマンスなので身体能力が低くなっている高齢者でも気軽に参加できます。

見ているだけでも面白いですし、簡単な手品をみんなで覚えるマジック教室レクリエーションなどもおすすめですよ。

あわせて読まれています

関連記事
マジシャン 派遣
マジシャンを派遣依頼する時の料金の相場は?ショーの手配の流れを徹底解説

華麗なステージショーやトランプマジックをテレビで見て、釘付けになった経験がある人は多いでしょう。 マジックには 「こんなに近くで見ているのにタネがわからない」 「目を閉じずに見ていたのにどうして!?」 ...

続きを見る

 

料金コースについて

老人ホームでマジックショーを開催するには、出張マジックを利用してプロマジシャンを施設に呼ぶ必要があります。

プロマジシャンを呼ぶと聞くと、とても高額なイメージがありますよね。

けれど、マジシャン派遣サービスは比較的リーズナブルな価格から利用できるのです。

例えば20人前後の観客に対して1人のマジシャンを派遣する場合、最も安くて3万円程度。

小中規模の老人ホームであれば、十分楽しいショーを開催できるでしょう。

料金は人数や規模によって異なるので、まずは問い合わせて概算を確認してみましょう。

 

マジシャンを派遣するまでの流れ

マジシャン派遣サービスはとても簡単に利用できます。

基本的に、派遣を行っているイベント会社に問い合わせや依頼の連絡を行えば、後は会社のスタッフにお任せ可能です。

日程や会場、予算、希望の演目などを伝えることでスタッフが最適なマジックショープランやマジシャンを提案してくれます

後は見積もりを受け取り、会社が指示した方法で支払いを行えば無事マジックショーが開催できます。

 

老人ホームでのレクリエーションには「MAGICDOOR」がおすすめ!

老人ホームでは、脳の活性化や体力の維持、リラックス、リフレッシュなどさまざまな目的でレクリエーションが取り入れられています。

そんなイベントにぴったりなマジックショーを開催するなら、マジシャン派遣サービスの「MAGICDOOR」を利用しましょう。

MAGICDOOR」は、専門スタッフが問い合わせからショー実施までしっかりとサポートしてくれて、初めて出張マジックを利用するというひとでも安心してサービスを受けられます。

マジックの種類も幅広いため、高齢者が喜ぶ手品や話術、参加型手品などいろいろなパターンでショーが行えます

また、全国さまざまな場所で活躍するプロマジシャンが在籍しているので、どこの老人ホームでもすぐにマジックショーの手配ができますよ

高齢の利用者が楽しめるようなショーについて、ぜひ一度問い合わせてみてください。

プロのマジシャンがあなたの元に

マジシャン派遣の詳細へ

特別な日に気軽に呼べるプロのマジックショー!

 

老人ホームのレクリエーションにはマジシャン派遣がおすすめ!マジックを体験すれば脳も手先も動かせて

マジックは見ているだけでも驚きや楽しさで脳が活性化されますが、一緒に手品の練習をすることで手先や脳を動かせるので、身体能力や判断力、意欲の向上に役立ちます。

老人ホームのレクリエーションに手品を取り入れるときには、マジシャンとのトークや参加できる手品などを演目に取り入れて参加者が楽しめる工夫をしましょう。

自分たちでショーのメニューを決めなくても、マジシャン派遣サービスに依頼すれば最適なプランを作ってくれます

ハイクオリティなマジックショーを企画して、参加者全員で楽しいひと時を過ごしましょう。

 

この記事のまとめ

  • 老人ホームでは脳や身体能力の維持向上のためにレクリエーションが行われている
  • 運動目的や認知症予防などレクリエーションの目的はさまざま
  • マジックは見るだけでなく、一緒に手品をすることで参加者を楽しませることができる

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
はるまち

はるまち

東京出身のアラサー会社員です。お酒と美食、映画と音楽が趣味です。 おひとり様満喫中ですが、バー勤務で培った視点で楽しい記事を提供できればと思っています。

-マジシャン派遣

© 2024 MAGICDOOR-マジックドア