マジシャン

荒木巴はお笑い芸人?面白すぎる個性派女性マジシャンを紹介! 2020年9月

2020年8月5日

荒木 巴

現在数多く活躍しているお笑いマジシャンの中でも、一際異彩を放っている女性お笑いマジシャン荒木巴さんを知っていますか

日本で唯一の女性お笑いマジシャンと呼ばれている彼女は、ユニークな衣装で爆笑を誘うコメディマジックや思わず歓声を上げてしまう本格マジックなど、多彩なマジックショーを披露し活躍しています。

 

荒木巴さんは高い演技力と養成所時代に培った大道芸の技術をマジックに活かし、ショー全体の完成度を高め観客を楽しませるプロマジシャンなのです。

 

MD編集部
この記事では、荒木巴さんの経歴や実績、開催しているショーの種類などを紹介していきます。

気になる部分をすぐチェック

この記事のもくじは下記の画像をタップして!
荒木 巴 活動実績
荒木 巴 マジック動画

 

女性お笑いマジシャン荒木巴

荒木 巴 マジシャン

出典:https://www.instagram.com/p/BzryY6jAGA8/?utm_source=ig_web_copy_link

  • 本名:荒木 智子(あらき ともこ)
  • 出身地:新潟県
  • 生年月日:1979年10月13日
  • 血液型:O型
  • 身長:164cm
  • 事務所:サンミュージックプロダクション、株式会社パッションプリンセス

 

荒木巴(あらきともえ)さんは、サンミュージックプロダクション所属のお笑い女性マジシャンです。

15歳の頃にロッテ「じゃがチップス」のCM出演で、芸能界デビュー。

 

高校時代に所属していた演劇部では、高校演劇大会の関東大会で最優秀賞を獲得し、全国大会に出場した経歴を持っています

高校卒業後には多くの名優を輩出した劇団青年座養成所に通い、演技の腕を磨いていきました。

 

その後、猿回しを披露していた六本木のショーパブでマジックと出会い、2001年にプロマジシャンとしてデビューを果たしています

2003年にはお笑いマジシャンのドリームよしかずさんに弟子入りし、女性お笑いマジシャンとして本格的な活動をスタートさせました。

 

あわせて読まれています

関連記事
キャラメルマシーン
キャラメルマシーンがマジックとお笑いを融合させた!?2人のプロフィールと本格マジックを紹介

お笑いの楽しさと手品の驚きを同時に楽しめる、コメディマジックの先駆者キャラメルマシーン。   ツッコミのSADAさんが繰り出す本格的なマジックと、ボケのおだじさんの個性的なキャラクターが絶妙 ...

続きを見る

 

荒木巴の活動実績

荒木 巴 活動実績

吉本興業が主催するピン芸人のコンクール「R-1ぐらんぷり」で一躍有名になった荒木巴さんですが、彼女のお笑いマジシャンとしての活躍はそれだけではありません。

 

魔法の国のお姫様」と名乗りさまざまなマジックを披露する荒木巴さんは、メディア出演や出張マジックで大活躍中なのです。

ますは荒木巴さんのお笑いマジシャンとしての活動実績について見ていきましょう。

 

R-1ぐらんぷり準決勝進出

荒木巴さんを語るのに欠かせない実績は、やはり「R-1ぐらんぷり」での準優勝でしょう。

ピン芸人の技と笑いを競う大会において、荒木巴さんはセミファイナリストまで勝ち残る実力を披露しました

 

女性ならではの晴れやかで目を引くショーは会場を大いに沸かせ、お笑いとしても高い評価を得たのです。

さらに、「R-1ぐらんぷり」でマジシャンがセミファイナリストになったのは、大会史上初の偉業でもありました。

そんな名誉ある実績で、荒木巴さんの知名度は一気にアップしたのです。

 

数多くのメディアへ出演

荒木巴さんはTVや雑誌などさまざまなメディアにも出演し、その個性的なキャラクターと高いマジックの技術で話題を集めています。

代表的な出演番組は、

  • くちこみ☆ジョニー
  • 笑っていいとも増刊号
  • 24時間テレビ~愛は地球を救う。
  • お笑いインディーズ
  • あらびき団
  • エンタの神様

などさまざまなジャンルの番組に出演しました。

 

雑誌メディアへの出演も多く、2008年3月に発売された「月刊ENTAME」の女性お笑い芸人特集では、ビキニ姿で美しいプロポーションも披露しています。

また、荒木巴さんは世界中でショーを行っており、ユーゴスラビアでは孤児難民施設公演に出演し、美しく楽しいマジックショーで人々の心を癒したことで、称賛を集めました。

 

ヘブンアーティストとして活動

確かなマジックの実力に加え、ギャグセンスと大道芸のスキルを持つ荒木巴さんは、東京都が実施しているヘブンアーティストのライセンスも保持しています

ヘブンアーティストとは2002年に創立された大道芸人のライセンス制度で、東京アートプロジェクトの一環で制定されました。

 

審査会で合格した大道芸人しかヘブンアーティストを名乗ることはできず、ヘブンアーティストのライセンスを取得したアーティストは、指定場所でのパフォーマンス活動を許可されます

つまり、ヘブンアーティストとは国が公認したプロ大道芸人やプロパフォーマーの認定証なのです。

 

荒木巴さんは「R-1ぐらんぷり」で準優勝を果たした2005年に、東京都文化庁からヘブンアーティスト認定を受け、上野恩賜公園などで公認アーティストとして大道芸の披露活動を行っています。

ヘブンアーティストとしての活動は、荒木巴さんの公式Amebaブログでも紹介されているので、彼女の活動をチェックしてみましょう。

 

出張マジックの派遣

荒木巴さんが所属している株式会社パッションプリンセスでは、荒木巴さんを中心としたイリュージョンメンバーの出張派遣を行っています

 

荒木巴さんは国内で200以上のイベントに出演し、さらにフランスやギリシャなど世界14ヶ国での海外公演を開催しているのです

総開催数5000回を超える荒木巴のマジックショーは、画面越しでは味わえない臨場感や迫力を体感できるでしょう。

 

荒木巴の出張マジックの種類

荒木巴さんは日本国内はもちろん、世界中でマジックの腕を披露しています

そんな荒木巴さんの出張マジックには、開催する場所や観客の人数、シチュエーションによっていくつかの種類に分かれているのです

 

荒木巴さんに出張マジックを依頼する時に、どんなショープランがあるのか、出張マジックの種類をチェックして依頼する時の参考にしてくださいね。

 

あわせて読まれています

関連記事
浅田悠介 マジシャン
【恋煩】浅田悠介はマジシャン兼恋愛コラムニスト!人気のオンライン恋愛神社はフォローするだけで恋が叶う

多方面で話題と人気を集めている浅田悠介さんですが、幅広いジャンルで活躍されてるため、どんな活動をしているのか知りたいという人は多いでしょう。 いくつかの肩書きを持って活動していますが、その中でも特に7 ...

続きを見る

 

ソロマジック

ソロマジックは10人以上のパーティーや、宴会で派遣できるスタイルのマジックショーです

荒木巴さんが単独で出演し、イベントの内容に合わせて幅広い年齢層に合わせたマジックを披露してくれます。

 

手作りおもちゃやバルーンアート、参加型マジックなどの演目を加えてカスタマイズすることもできるので、誕生会や懇親会など小規模なイベントにぴったりのマジックショーが楽しめるでしょう。

 

イリュージョンマジック

イリュージョンマジックは、大がかりな仕掛けを使って行うスタイルのマジックショーです

祝賀会や結婚式、レセプションパーティーなどの大きな会場を沸かせるのにぴったりで、お祝いの席にふさわしい華やかで楽しげな演出が魅力となっています。

 

明るく派手な衣装やBGM、そして会場を沸かせるお笑いの演出が会場を盛り上げてくれるでしょう。

イリュージョンマジックショーには、荒木巴さんを中心とした女性5名で編成されたスペシャルチームで行われる「スペシャルイリュージョンマジックショー」のプランも用意されています。

 

アシスタントはダンサーとアクロバットパフォーマーがつき、女性らしい華やかな演出でお祝いの創立記念式典やレセプションパーティーなどに華を添えてくれます。

 

テーブルホッピング

テーブルホッピングは会場内のテーブルを荒木巴さんが回って、近距離でマジックを披露するクロースアップマジックショーです

広いスペースや事前準備が必要ないので、サプライズ演出や結婚披露宴の余興などにもぴったりですよ。

 

舞台の上で行うステージマジックとテーブルごとに見せるクロースアップマジック両方を楽しめる出演プランもあるので、イベントの規模によって出演プランを決めましょう。

 

和風マジック

和風マジックは荒木巴さんが独自に学んだ日本の伝統芸能「和妻」をアレンジし、お笑いイリュージョンショーに取り入れたスタイルのマジックショーです

 

小道具には番傘や扇子、招き猫などの縁起のいいグッズが豊富に使用され、荒木巴さん自身も華やかな和装に身を包んでいるので、お祝いのイベントやインバウンド向けの催し物に最適です

マジックショーには荒木巴さんが青年座養成所時代に学んだ、狂言や日本舞踊も取り入れられているため、本格的な和の演出が楽しめます

 

そんな荒木巴さんの和風マジックは伝統芸能業界でも注目を集め、2017年には伝統芸能の復興と普及の活動を行う「独立行政法人日本芸術文化復興会 国立文学劇場」で開催された現代和妻の公演にも出演しました。

バルーンアート

お笑いマジックを得意とする荒木巴さんですが、そのルーツの一つである「バルーンアート」も派遣マジックで楽しむことができます。

ファミリー向け、子供向けの派遣マジックプランのバルーンアートショーでは、通常のマジックに加えて1本の長い風船から動物や花、剣などを作るバルーンアートで子供たちの人気集めています

 

バルーンアートショーは小さな子供が対象のショーなので、子供が参加しても安全なマジックが多く、保育園や学童保育からの出演依頼もあるそうです

できたバルーンアートを参加者の子供にプレゼントしたり、参加者がバルーンアートを作ってみるコーナーなども用意されていているので、大人も子供も楽しくショーに参加できるでしょう。

 

荒木巴のおすすめマジック動画

荒木 巴 マジック動画

荒木巴さんはメディア出演やショー出演で、さまざまなマジックを披露しています。

その中のいくつかのマジックは、動画配信サイトYouTubeで観ることができるのです

 

どのマジックも荒木巴さんのお笑い的な楽しさやマジックのレベルの高さを体験できるので、動画を見て荒木巴ワールドを堪能してみてください。

今回は荒木巴のマジック動画から、おすすめマジックを4つ紹介します。

 

あわせて読まれています

関連記事
ジロリアン陸 マジシャン ボクサー ラーメン アウトデラックス
【拳闘】ジロリアン陸はマジシャンでボクサー!ラーメン年間320杯を食べてアウトデラックスにも出演

ジロリアン陸さんはラーメンが好きすぎるボクサーの顔を持ったマジシャンとして、フジテレビのアウトデラックスに出演したことで話題となりました。 そんなマジシャンでもあり、ボクサーでもあるジロリアン陸さんは ...

続きを見る

 

 

人体切断マジック

人体切断マジックは、文字通り人の身体を切断するマジックです

  1. 舞台上で美しい衣装を身にまとった荒木巴さんは、重厚な電動ノコギリを取り出します。
  2. 音を立てて振動する電動ノコギリに「痛そうだな」との声が上がり、横たわるゲストも思わず起き上がってしまいました。
  3. そんなゲストに枠をかぶせると、荒木巴さんはおもむろに大根を取り出し、勢い良く切断。
  4. ざわつくゲスト、観客をしり目に荒木巴さんは「いきます、えーい!」という掛け声とともに電動ノコギリを枠に差し込み、奥から手前に切り進め始めます。
  5. 電動ノコギリをお腹のちょうど真ん中で止めた荒木さんが「いかがでしょうか?」とゲストに聞くと、「大丈夫です」と答えが返ってきますがやや声が震えている様子ですね。
  6. 自分のお腹の中心に、電動ノコギリが刺さっているかもしれないことを考えれば動揺するのも仕方ないでしょう。
  7. その後、電動ノコギリは無事ゲストのお腹を貫通し、人体切断マジックは見事成功し会場は拍手に包まれました。

 

人体貫通マジック

続いてのマジックは人体貫通マジックです

  1. リズミカルな音楽と共に軽やかに踊るアシスタントに導かれ、荒木巴さんが四角い箱の中に入ります。
  2. 手を左右に伸ばし身動きが取れない状態になった荒木巴さんの後ろにアシスタントの一人が回り込むと、荒木巴さんのお腹のあたりからにょきっと手が出てきました。
  3. 驚いている観客ですがマジックはそれだけでは終わりません。
  4. 手が引っ込んだ後はなんとアシスタント女性が頭が出てきました。
  5. 女性はそのまま上半身を引っ張り出して、荒木巴さんお腹を貫通するように後ろから前に抜け出てきてしまいました。
  6. さらにアシスタントの女性は自分が出てきたお腹のあたりから仲間の手を引き、もう一人の女性も荒木巴さんのお腹を抜けて前に飛び出してきます。
  7. 2人目の女性が抜け出ると同時にお腹を隠していた板がどかされるとそこにはしっかり荒木巴さんのお腹があり、その魔法のようなマジックに観客からは感嘆の声が聞こえてきました。

 

にわとりマジック

にわとりマジックはMr.マリックが、「この子は他のマジシャンとは違う」と感じたきっかけにもなったという衝撃のマジックです。

  1. 「人がゴム手袋1枚でにわとりになる」といってゴム手袋を用意した荒木巴さんは、突然それを頭からかぶり、鼻息だけでゴム手袋をどんどんふくらましていきます。
  2. そして、「それではニワトリに変身させていただきます」という掛け声とともに「こけこっこー」と絶叫した荒木巴さん。
  3. 可愛い見た目から繰り出されるインパクト抜群なその姿は、プロ大道芸人の貫禄が伺えます。

 

 

串刺しマジック

こちらは荒木巴さんがストリートイリュージョンで披露した、串刺しマジックです

  1. 軽やかな音楽と共に踊りだしたアシスタントの一人を、荒木さんが入れ物の中に座らせ、上からピンクの布をかぶせて閉じ込めてしまうところからマジックがスタートします。
  2. 女性一人がギリギリ入れるくらいの小さい入れ物に、荒木巴さんは躊躇なく何本もの剣を突き刺していきます。
  3. 最後に真上から剣を突き刺した荒木巴さんですが、すぐに刺した剣を全て抜いていきます。
  4. そして、入れ物の蓋を取ってピンクの布を被せると自分自身がその上に乗ってしまうのです。
  5. 荒木巴さんの身体は入れ物の中に沈み込み、中に女性が入っているとは思えない状態に。
  6. しかし、入れ物から降りた荒木友恵さんが布を外すと、中からはアシスタントの女性が元気に飛び出してきました。
  7. 軽快なリズムで行われる一流のマジックは、楽しさと驚きを味わえる必見のパフォーマンスです。

 

プロのマジックが見たい人におすすめの派遣サービス

イベントやパーティーに出演するマジシャンは、マジックの腕だけではなくショーを盛り上げる演技力や演出力、その場を楽しませるユーモアなどが必要です

そんなプロマジシャンを招いてマジックショーを行えば、大切なイベントやパーティーがより楽しく、かけがえのない思い出になります。

 

しかし、マジシャンに出演依頼をしたいと思っても

  • どうやって探せばいいかわからない
  • 相場感が不安

という人は少なくないでしょう。

そんな時はプロマジシャン派遣サービスの「MAGICDOOR」に相談してみましょう。

 

多数のプロマジシャンが所属しているMAGICDOORなら、希望や予算、マジックの内容などを伝えるだけで最適なマジシャンやショープランを提案してくれます

MAGICDOORにマジシャン派遣を依頼して、一生に一度の思い出が残る最高のイベントを成功させてくださいね。

 

プロのマジシャンがあなたの元に

マジシャン派遣の詳細へ

特別な日に気軽に呼べるプロのマジックショー!

 

荒木巴は日本唯一の女性お笑いマジシャン!個性派マジシャンの彼女を派遣してみよう

荒木巴さんは子供のころに培った演技力、そして劇団養成所時代に学んだ大道芸や日本芸能のスキルを活かしてマジックショーを行う、日本唯一の女性お笑いマジシャンです

 

個性的なキャラクターから繰り出される本格的なマジックは見る人を驚かせ、誰もが彼女の魅力に夢中になるでしょう。

荒木巴さんの所属会社では派遣マジックショーも依頼できるので、個性派マジシャン荒木巴さんをイベントに呼んで目の前で彼女のイリュージョンを満喫してみてくださいね。

 

この記事のまとめ

  • 荒木巴さんは青年座養成所を卒業後に大道芸人からプロマジシャンの道に進んだ
  • お笑いマジシャンのドリームよしかずさんに弟子入りし女性お笑いマジシャンとしての活動を始める
  • 2005年に「R-1ぐらんぷり」のセミファイナリストとなり同年にヘブンアーティストの認定を受けている
  • 荒木巴さんは所属会社パッションプリンセスの出張マジックで国内外多数のショーに出演している
  • 開催するイベントやパーティーにプロマジシャンを派遣したい時はMAGICDOORがおすすめ

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
はるまち

はるまち

東京出身のアラサー会社員です。お酒と美食、映画と音楽が趣味です。 おひとり様満喫中ですが、バー勤務で培った視点で楽しい記事を提供できればと思っています。

-マジシャン
-, ,

© 2020 MAGICDOOR